fc2ブログ

徒然 How to build ケロン

『超』手の遅い管理人が、ケロプラをなんやかんやするブログ。

FC2カウンター

プロフィール

御山タイショウ

Author:御山タイショウ
性別 : ♂
生息地 : 古都キョウト
性格 : たぶん温厚。
好きな物 : ガンプラ、ケロプラ
好きな人 : 息子
苦手な人 : 嫁。

※ 当ブログはリンクフリーです。
リンクいただける場合は、最新記事の
コメント欄に御連絡下さいます様、
お願い申し上げます。

☆「ブロとも」随時募集中☆

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内 記事検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

ケロプラ

Amazon

『2015年夏・オリケラー・IN・近江舞子』~成った~

2015/09/07(月) 22:39:55

朝8時前、御山カーで京都駅に到着。
新幹線のホームで鮎と合流した後、今度はしぽちゃんとB氏を迎えに車を走らせた。

移動の車中、鮎は今回のオフ会に参加する事に対する、不安感を口にしていた。
自分がメンバーに打ち解けられるかが心配で、一旦は不参加を
表明していたのだった。来春になれば上京して、なかなか会える機会も無くなるだろうから、
もしかしたら鮎の大勢でのオフ会参加は
これが最後になるかもしれない
という思いがあっただけに、結果的に参加してくれる事になって本当に良かったと思う。
まぁ、不安もあるかもしれないが、帰る時には絶対、「楽しかった」と言ってる筈。
そう言わしめたら幹事としてしてやったりである。

アークホテルでしぽちゃんとB氏を拾い、そのまま女性陣の宿泊先へ。
鮎が部屋へ荷物を置きに行ってる間に霞隊長に連絡を取り女性陣と合流した。
全員で地下鉄に乗り、乗継駅でアチュさん、ヤモさんとも無事合流。
総勢14人になったメンバー、揃ってJR湖西線に乗って、いよいよ近江舞子に到着。
image1atyu.jpg
(写真提供:アチュさん)
多少雲は多いものの、太陽も出てまずまずのお天気!!気温も泳ぐには充分!
無題
(写真提供:よしたけさん)
AM10時半頃。近江舞子、中浜水泳場到着。
メンバーに無料更衣室やコインロッカーの場所を伝え、先に水着に着替えて貰ってる間、
幹事はグループが陣取る場所を求めて一人砂浜をずんずんと歩く。
無料更衣室の位置から随分と離れてしまったが、松の木陰になんとか大型レジャーシート2枚分のスペースを
確保する事に成功。水着に着替えて歩いて来たメンバーを招いて、アチュさんが持参した大型の浮き袋に、
汗だくになりながら足ポンプで空気を送り込む(;´∀`)。
浮きもの全てに空気を入れ終え、自身も着替えておもむろに湖水へ突入~!
2_20150826220402e76.jpg
この日の琵琶湖は思いの他水が澄んでいて、透明度が高かった。
いや、元よりこの近江舞子水泳場は水の透明度が高いのだが、悪天候が続いていたので
水中が撹拌され、多少の濁りが出る事を心配していた。
7月末に来た時は、流木やら水草やらの漂流物も多かったし。
結果的には天気の事も水質の事も杞憂だったよ幸いな事に( ^ω^ )。
3_20150826220403316.jpg
はしゃぐメンバー達5_20150826220406639.jpg
浜では誰が始めたのか、下僕達の手によってりゅが様専用玉座が構築中。
4_20150826220405bcc.jpg
6_20150826220436ac3.jpg
謎の小山がポコポコと構築され、松ぼっくりで装飾が施され始めたりゅが様専用玉座
7_2015082622043896b.jpg
はるきいコンビ。このお二方、本当に仲良し。姉妹の様にいつも一緒。というかもう姉妹でいいと思う。

9_2015082622044103e.jpg
B氏。今回も真っ先に、御山の水中戦の餌食となった。
10.jpg
下々の者達にかしづかれるりゅが様。
りゅが様専用玉座の構築は着々と進み、鳥の羽で装飾され見る見る豪華に。
13_20150826220513827.jpg
じゃれるアチュさんとヤモさん。お二人とも大変いい表情をしてなさるんだけど、見せられないのが残念w。

14_2015082622051442c.jpg
りゅが様専用玉座完成記念。下僕達と。
17.jpg
この日の琵琶湖は曇りで風が多少強いものの水温は冷たくなく、水の中に居る方が温かく感じられた程。
オリケラー勢で自然の水辺に居る画ヅラ。この画ヅラが見てみたかった!
19.jpg
太陽が顔を出すと湖面に光が反射してとても綺麗である。

18.jpg
当初は水に入らないと言っていた牧椋さんやヤモさんも、ちゃんと水着持参で参戦してくれた。

21.jpg
春風さんと小魚捕まえたり、しぽちゃんを水中でぶん投げたり、アチュさんらと戯れたりしてる内に時は経ち、
気付くといつの間にか、浜に居るメンバーが昼食を摂っていた。合わせて浜に戻り缶ビールを購入して昼食タイム。

20.jpg

23.jpg
ホテルを出発した際にスーパーで購入したお弁当を食べるメンバー達。

29.jpg
アチュさんは浜茶屋で並んで並んで並んだ末、うどんと焼きとうもろこしを購入して戻って来られた。
みんなより少し遅い目のお昼ごはんを美味しそうに食されて満足げな表情。
ぬるいうどんに具の少ないラーメン、レトルト温めただけのカレーは浜茶屋の定番。

30.jpg
フランクフルト!これも定番。幹事も見かける度に食いたくなる逸品。

31.jpg
こういう景色のいい場所でみんなで飯食うと、他愛の無いコンビニ弁当でも格別に美味しいやんね^^。

25.jpg
食後のデザート、アイスクリームを買って来てパクつくメンバー。

26.jpg
しぽちゃん。少しおつかれ気味かな?

28.jpg
食事を終えてまったり休憩。お昼を過ぎると風が強くなり、大きめの波がじゃんじゃん寄せ始める。
時刻は1時。1時半には水から上がる予定だったので、身支度を整えたい人(女性が多いしね(;´∀`))は
温水シャワーや更衣室へ。
そうでない人は水遊びラストスパートで最後の大はしゃぎ
御山は勿論ラストスパート組w
アチュさんやヤモさん、春風さんらを水中戦に巻き込んで、暴れさせて頂いた!
浮き輪を奪われ笑顔で沈むアチュさん(カナヅチらしい。)
その沈むアチュさんをしっかりと抱きとめるしぽちゃん
膝と肩を抱えられ投げられる春風さん
御山と春風さんに両脇から抱えられ、浮き輪に収まったままひっくり返されるヤモさん
この最後の30分が一番楽しかったwwwww

今回メンバーの中で安定した泳ぎを見せていたのは春風さんだったな。
水中戦の実力は御山に次いで二番だ!
次回あったら春風さんと、出来れば日本海の岩場でシュノーケリングとかしてみたい。

天気がもっと良ければ。後の予定が詰まっていなければ。
本当は日が落ちるまでこの浜に留まって、花火もしてみたかったがそうもいかない。
後の予定に間に合わせる為、後ろ髪引かれる思いで浜を後にした。

33.jpg
帰りの電車のホームにて。最初御山のミスリードで反対方向のホームへ上がってしまい、危うく
乗車予定の電車に乗り損ねるところだった。B氏の機転で辛くも危機を脱す。B氏エライ!!!

35.jpg
34.jpg
37.jpg
36.jpg
42.jpg
39.jpg
40.jpg
38.jpg
帰りの車中でのメンバー。さらば近江舞子、さらば滋賀県。

2015年夏オフはこの後、京都市内で自由時間、飲み会、カラオケへと続いていく―。

(つづく。)











この記事の続きを読む…
オフ会TB:0CM:0

『2015年夏・オリケラー・IN・近江舞子』~近江舞子行きは成ったか~

2015/09/07(月) 21:45:07

オフ会当日―。
御山2015y08m24d_185752799.jpgは前々日から2日間、ほとんど眠れずに
この日を迎える羽目になった。楽しみでワクワクして眠れなかった
…のも勿論あるが、最大の心配事は天気だった。屋外、しかも大人数で
水辺で遊ぶ以上、雨天は読んで字の如く、最大の天敵
この夏は前半から中盤にかけてカンカン照りの猛暑続きだったので、
後半に一気に崩れはしまいか、心配で仕方無かった。案の定というかなんというか、
日本列島の太平洋側には秋雨前線が重く停滞し、更に洋上にダブル台風が発生する
状況となってしまい、週間天気予報を注視する日々が続いたのだが、幸い週の中盤頃から
週末のみは回復傾向な予報に変わったのでとりあえずは安堵していた・・・のだけれども。
2_2015082921145224e.jpg
前日午前11時の予報がこれだ!!…この前日、8月20日の予報から、
どうにも天気が崩れそうな気配だったので、参加者各位には21日午前11時発表の天気予報を以て
近江舞子行きをどうするか決めると通達してあったのだ。
・・・青いおじさま、苦渋の決断を強いられる。
1_20150829211451529.jpg
3_20150829211454193.jpg
4_20150829211455cb2.jpg
・・・この呟きをしてる最中、小雨がぱらつき、曇天模様だった京都市内の空がにわかに
晴れ始めて、太陽が顔を出した。気温がぐんぐん上がってたちまちカンカン照りに。
・・・これ、ひょっとしたら行けるんちゃうん???
5_201508292114571c1.jpg
6_20150829211517266.jpg
7_201508292115198c5.jpg
そしてその日の夕方、
aM9vcj2b.jpg
琵琶湖滞在時間帯から雨マークが退く!
雨が降らないのであれば、まあ行ってみようかと。
行ってもし雨降ったとしても、どうせ水に入れば濡れるんだし、
寒くても子供は風の子精神で、根性出して泳ごうや

・・・と思い直し、近江舞子行きを決行するを全員に通達した。

こうして天気の心配を吹っ切り、ワクワクで眠れぬ夜が明け、
御山は先ずは2015y08m24d_184630067.jpg(エネルナルさん)を迎えに、
京都駅へと車を走らせたのであった。

(つづく。)
オフ会TB:0CM:0

『2015年夏・オリケラー・IN・近江舞子』~やらかす~

2015/08/30(日) 16:58:54

さて、帰宅してシャワー浴びた後、PC前にて残りのメンバーの動向を見守っておりましたらば。

はるきいコンビ2015y08m24d_182856730.jpg2015y08m24d_182752200.jpgが京都駅で合流した模様。
12_20150829211552b62.jpg
この時一瞬「・・・バス待ち???」という違和感を感じた。
京都駅から女性陣の宿舎までは地下鉄利用を薦めていた筈。
けどまぁ、京都市内の大学に通う奇異さんが一緒なら、相応のルートがあっての事だろうと聞き流した。
あと20~30分もしたら、ホテル到着の報が入る筈。
そして前乗り組最後の一人、りゅがさん2015y08m24d_185051944.jpgはと言うと。
14_201508292115544eb.jpg
          上々だったwwwww

そして最後にはるきい組が
13_201508292115522da.jpg

ホテルに到着!
17_201508292116185f6.jpg
これで前乗り組は全員無事集結完了!
16_20150829211616698.jpg
・・・・・・と、思いきや
18_201508292116193c3.jpg
・・・・・・・・・・・・え???
19_20150829211621d64.jpg
・・・・・・・・・・・・・・まさか(;´Д`)
20_201508292116226ec.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・そこは男性陣のお宿です(;´Д`)
21_20150829211647223.jpg
扉、開けて貰えなくて良かったねwwwしかしホテルの人もよく通したなぁ。。。(;´Д`)
『バス待ち』の時に感じた違和感がこういう形で発現しようとはw
連絡ブログで男性陣の宿へのアクセス方法として、京都駅からバスに乗る指示を出していたのだ。
2015y08m30d_164342101.jpg

・・・・・・参加者各位、連絡ブログはしっかり読もうね!
はるきい組が今居る場所がハッキリしたので、アークホテルをすぐに出て、タクシーで移動する様指示。
アークホテルから女性陣の宿舎までは距離的にそう遠くないのでタクシー乗っても料金は痴れてる。

そして更に10数分後。
22_20150829211648d05.jpg
・・・・・・・・・・・・(ゴクリ。)
23_201508292116507a0.jpg

こうして幹事に平和が訪れたのでした!(EDテーマ:この道わが旅)

さぁ明日はいよいよオフ会本番!!天気予報を激しく気にしつつ、眠りに就く事にした。

(つづく)







オフ会TB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

このブログをリンクに追加する

pixiv

御山の回転寿司

ブロとも一覧


枯れ人間

ケロンなエブリデイ♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 徒然 How to build ケロン All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.